DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 432

-4 (-1,00%)

【ジャカルタ】新投資家、PT Samuel Sekuritas Indonesiaは先週、PT Nusantara Sawit Sejahtera Tbk (NSSS)の41.8億株を購入した後、NSSSにおける所有権について不満に思っていた。2023年6月26日(月)に、NSSSの1億4316万株を増やすことにした後、NSSSにおける所有権は0.6%を増加し、18.18%となった。

なお、PT Saratoga Investama Sedaya Tbkは鉱物鉱業会社、PT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)の630万株を購入した。一方、鉱業持ち株会社、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)は今回、DOIDの500万株を買い戻した。PT Merdeka Energi Nusantaraは電動車両用電池製造業者、PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の200万株を購入した結果、MBMAにおける所有権は49.8%となった。

一方、PT Berkah Global Investamaは生コンクリート・プレキャストコンクリートを生産する製造会社、PT Berkah Beton Sadaya Tbk (BEBS)の6億株を売却した結果、今回、それは最大の売却となった。GOTO Peopleverse FundはPT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の4億5208万株を大量に売却した。

その上、個人投資家、Ikra Zama Dinnata氏は特殊車両の製造・製作に従事される会社、PT Nusatama Berkah Tbk (NTBK)の4761万株を売却した。そして、PT Investasi Sukses BersamaはSurge (PT Solusi Sinergi Digital Tbk (WIFI))の2659万株を、PT Toba Sejahteraは採炭・椰子農園会社、PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)の209万株を売却した。最後に、PT Asuransi Bina Dana Arta Tbkは観光会社、PT Bayu Buana Tbk (BAYU)の201,800株を売却した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!