TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 1.750

+25 (+1,00%)

【ジャカルタ】Djarumグループが所有される情報通信インフラ会社、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)はIDR 1.5 trillionの元金を持っている2023年第1相第6発行登録債を発行した。

その債券は二つシリーズで発行された。AシリーズはIDR 1 trillionの元金、年毎に5.90%の利札、370日間テナーを持っている。そして、BシリーズはIDR 500 billionの元金、年毎に6.25%の利札、3年間テナーを持っている。

その公募期間は2023年7月4日〜5日、行われる。その債券流通は2023年7月11日に、インドネシア証券取引所(IDX)に上場される日付は2023年7月12日に行われる。

公表された趣意書において、TBIGはPT Tower Bersama (TB)にその債券発行の収益のUS$ 99.8 million又は約IDR 1.48 trillionを、PT Solu Sindo Kreasi Pratama (SKP)にその債券発行の残り収益のUS$ 34.7 million又は約IDR 516.2 billionを流通する。

情報上、TBとSKPは夫れ夫れの義務であるローン元金を支払う為、その資金を使途する。「その両方は債権者に支払われるUS$ 325 millionのリボルビングローンファシリティーに関連しております。」とTBIGの経営陣はその債券発行の趣意書を通じて、説明した。 (NR/KR/LM)