ANTM - PT. Aneka Tambang Tbk

Rp 1.550

+50 (+3,00%)

【ジャカルタ】国有鉱業持ち株会社の一部、PT Aneka Tambang Tbk (ANTM)は北マルク州のハルティムフェロニッケル工場運営の初期段階を開始した。

その初期段階は配電される前、2023年7月7日にバーナーオン又は加熱炉を設置することによって行われた。その後、当社はハルティムフェロニッケル工場の加熱炉を切り替える。

ANTMのビジネス開発担当重役、I Dewa Wirantaya氏がその工場試運転の初期段階は2023年に戦略的プロジェクトを完了する当社の言質を見せると語った。「ハルティムフェロニッケル工場の建設はインドネシアの鉱物産業を強化する為、ANTMが行われる鉱物下流取組を実行する一つです。」とWirantaya氏は説明した。

情報上、ハルティムフェロニッケル工場は13,500トンフェロニッケルのニッケル(TNi)の容積を持っている。それは27,000 TNiの容積を持っている南東スラウェシのコラカフェロニッケル工場のフェロニッケル生産能力を支援すると予測される。斯くて、将来的に、フェロニッケル生産能力は40,500 TNiに及ぶ。

「我々は直に、利益を会社や民や国に与えられるよう、この工場試運転の全段階をうまく行われることができるように、期待します。」とWirantaya氏は述べた。 (NR/KR/ZH)