PTPP - PT. Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk

Rp 492

+2 (+0,41%)

【ジャカルタ】2023年上期まで、PT Pembangunan Perumahan (Persero) Tbk (PTPP)はIDR 11.62 trillionの新規契約を記録し、IDR 10.93 trillionの2022年上期に比べ、6.31%伸びた。

2023年7月13日(木)に引用されたプレスリリースにおいて、PTPPの会社秘書役、Bakhtiyar Efendi氏がその新規契約の構成は政府(45.67%)、国有企業(27.27%)、民間部門(27.06%)だと語った。「その契約構成は45.67%の親会社と残り14.90%の子会社によるものです。」とBakhtiyar氏は述べた。

事業面において、その新規契約の構成は建物建設(34.8%)、道路・橋(24.6%)、鉄道(11.7%)、井堰(9.7%)、港(8.5%)、大きな産業(7.4%)、灌漑(2.1%)、石油ガス(1.1%)を含める。

貰ったその新規契約はIDR 1.36 trillionのフィリピンのザノースサウスコミューターの建設、IDR 937 billionのチベエト井堰、IDR 767 billionの東港ラモンガンフェーズ1A・1B、IDR 683 billionのバユン・レンチル・テンピノ有料道路実装2、IDR 607 billionのBSI Antaraビル、IDR 397 billionのIKNモスク・物流ドックへの道路建設、IDR 240 billionのハルレオ・ケンダリ大学、IDR. 205 billionのPIK橋重複、IDR 201 billionのバンジャルマシン・アマナ病院である。

Bakhtiyar氏が当社は財務業績を維持し、収入を貢献するプロジェクトを選択的に選び、年末までIDR 1.4 trillionの売却を目指すと語った。「当社は企業資源利用計画(ERP)システムの開発が支援され、ガバナンスと業績を向上し続けていきます。」とBakhtiyar氏は述べた。 (NR/LK/LM)