ERAL - PT. Sinar Eka Selaras Tbk

Rp 236

+4 (+2,00%)

【ジャカルタ】Erajaya Active Lifestyle (EAL)としてよく知られるPT Sinar Eka Selaras Tbk (ERAL)は新規株式公開後、新アウトレット拡大や配当金を株主に流通する事を含め、実行される幾つかの計画を発表する。

以前、IDNFinancialsが報告されたように、ERALは20%株を大衆に発行し、IDR 425.38 billionの新規資金を得る可能性がある。その新規株式公開の収益の37%は既存の事業拡大の為、その13.75%は新事業拡大の為、その残り49.25%は運転資本の為、割当てられる。

ERALの取締役社長、Djohan Susanto氏が現在、党派は数年後、500軒のアウトレット開設を目指すと語った。「斯くて、ERALはインドネシアのアクティブライフスタイル大手会社となるでしょう。」とSusanto氏は本日(2023年7月18日)の記者会見を通じて、述べた。

なお、Susanto氏が2024年の純利益から取られる30%の配当金を流通する当社の言質を述べる。そして、Susanto氏がその言質は現在、当社の堅固な事業潜在的に基付くと語った。「我々は配当金流通が蟻、当社の業績を積極的に記録されることができるように、期待します。」とSusanto氏は述べた。

現在、当社はアクティブライフスタイル製品、モノのインターネット、スマートホーム製品、ライフスタイル設備のトップブランドポートフォリオを持っている。Apple、DJI、Garmin、Samsung、Sony、Xiaomiなど幾つかの有名なブランドの代表者でもある。

2023年3月まで、当社はUrban Republic、Garmin Brand Store、DJI Experience Store、JD Sports、ASICSなど小売ブランドを持っている70軒以上のアウトレットを経営している。全アウトレット数は様々な地域に位置される。 (NR/KR/ZH)