DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 440

+10 (+2,00%)

【ジャカルタ】2023年7月20日(木)に、外国投資家、Albizia Asean Opportunities Fundは建材貿易に従事される会社、PT Catur Sentosa Adiprana Tbk (CSAP)又はCSA Groupの1億2248万株を購入した。それはシンガポールのDBS Bank Ltdを通じて、行われ、CSAPにおけるAlbiziaの所有権は8.35%から10.4%に伸びた。CSAPの子会社はMitra 10 Building Materials & Home Improvement、Atria Furniture & Mattress、Eleganza Tileである。

なお、PT Asuransi Simas Jiwaは炭鉱会社、PT Dwi Guna Laksana Tbk (DWGL)の1225万株を購入した一方で、鉱業持ち株会社、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)は再び、DOIDの827万株を買い戻した。電動車両用電池メーカー、PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の支配株主、PT Merdeka Energi NusantaraはMBMAの630万株を購入した。

今回、企業だけではなく、5%以上の所有権を持っている何名かの個人投資家は所有権をも増やした。Bali Unitedサッカークラブを経営する会社、PT Bali Bintang Sejahtera Tbk (BOLA)の支配株主、Pieter Tanuri氏はBOLAの1130万株を、Pinky NK氏は統合海運会社、PT Logindo Samudramakmur Tbk (LEAD)の600万株を、Nyamdorj Chuluunbaatar氏はパームオイル農園・加工会社、PT Gozco Plantations Tbk (GZCO)の400,000株を購入した。

一方、PT Sang Peloporは不動産開発業者、PT Ciputra Development Tbk (CTRA)の2億6915万株を大量に売却した。外国投資家、GOTO Peopleverse Fundは技術会社、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の7322万株を、Bintang Bara B.V.はエネルギー会社、PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)の825万株を売却した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!