DMAS - PT. Puradelta Lestari Tbk

Rp 154

+1 (+0,65%)

【ジャカルタ】デルタマス工業地帯を経営する会社、PT Puridelta Lestari Tbk (DMAS)は2023年上期にIDR 600 billionの純利益を、61.93%の純利鞘をも記録した。2022年上期にIDR 660.7 billionの利益を記録した。

DMASの取締役、Tondy Suwanto氏が当社は2023年上期にIDR 969 billionの収入を記録し、そのIDR 736 billionは工業セグメントが貢献されたと語った。そして、住宅セグメントはIDR 176 billionを、商業セグメントはIDR 44 billionを貢献した一方で、その残りはレンタル・ホテルセグメントが貢献された。

2022年に、当社はIDR 1.06 trillionの収入を記録した。その収入の貢献者はIDR 859.02 billionを貢献した工業セグメント、IDR 22.71 billionを貢献した住宅セグメント、IDR 176.35 billionを貢献した商業セグメント、IDR 4.32 billionを貢献したレンタルセグメント、IDR 4.65 billionを貢献したホテルセグメントであった。

Suwanto氏によると、データセンター、家庭用機器、自動車/自動車関連は収入の最高の貢献者だったそうである。

なお、当社は2023年上期にIDR 667 billionの粗利益を記録し、IDR 755 billionの2022年上期に比べ、低下した。粗率はIDR 29.24 billionの2022年上期に比べ、68.82%に伸びた。その他収入源は2023年上期にIDR 70 billionを記録され、IDR 18 billionの2022年上期に比べ、294%上昇した。 (NR/LK/ZH)