DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 550

-5 (-0,91%)

【ジャカルタ】支配株主、PT Multipolar Tbkは前週、PT Matahari Putra Prima Tbk (MPPA)の株式を大量に購入した後、2023年7月28日(金)に再び、MPPAの10.5億株を購入した。MPPAにおけるMultipolarの所有権は50.65%から54.57%に伸び、70.7億株となった。

なお、今回、PT Merdeka Energi Nusantaraは電動車両用電池メーカー、PT Merdeka Battery Materials Tbk (MBMA)の900万株を購入した結果、MBMAにおける所有権は49.9%となった。個人投資家、Lawrence Tjandra氏は技術会社、PT Wira Global Solusi Tbk (WGSH)の743万株を購入した。一方、鉱業会社、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)はDOIDの488万株を、デパートを経営する会社、PT Ramayana Lestari Sentosa Tbk (RALS)はRALSの250万株を買い戻した。PT Elang Mahkota Teknologi Tbkは病院を経営する会社、PT Sarana Meditama Metropolitan Tbk (SAME)の245万株を購入した。

一方、PT Majukarya Mandiri Indonesiaは今回、ガス油槽船会社、PT Buana Lintas Lautan Tbk (BULL)の5060万株を大量に売却した。そして、PT Eratex Djaja Tbk (ERTX)の支配株主、PT Ungaran Sari GarmentsはERTXの500,000株を売却した。一方、対外市場において、GOTO Peopleverse Fundは技術会社、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の1620万株を、Bintang Bara B.V.はエネルギー会社、PT TBS Energi Utama Tbk (TOBA)の1005万株を売却した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!