ADHI - PT. Adhi Karya (Persero) Tbk

Rp 300

+2 (+1,00%)

【ジャカルタ】2023年上期末まで、PT Adhi Karya (Persero) Tbk (ADHI)はボトムライン面の業績が大幅に向上でき、21%伸びた純利益を記録した。

当社は2023年上期にIDR 6,4 trillionの収入を記録し、IDR 6.3 trillionの2022年上期に比べ、IDR 100 billionを増加した。しかし、本日(2023年8月2日)のプレスリリースによれば、18%減少した金融費のお蔭で、純利益はIDR 12.4 billionに増加した。

ジョグジャカルタ-バウェアン有料道路プロジェクト、シグリ-バンダ・アチェ有料道路プロジェクト、チスムダウ有料道路プロジェクトは2023年上期にADHIの収入の3主要な貢献者であった。2023年6月まで、当社はIDR 14 trillionの新規契約を記録し、前年比、20%伸びた。

ADHIの経営陣の説明によれば、当社は今年、業績目標を達成する為、オペレーショナルエクセレンスを優先し、プロジェクト選択において慎重になり、扱われる各プロジェクトプロフィールで資金調達を調整していく。 (NR/ZH)