TPIA - PT. Chandra Asri Pacific Tbk

Rp 7.100

+125 (+1,79%)

【ジャカルタ】9社の発行者の債券は国立記念日の月である8月に満期となる。その発行者数の中でPT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)は2023年8月末に殆どの債券債務を支払う予定である。

今月に満期となる一つの債券は鋼管工業会社、PT Steel Pipe Industry of Indonesia Tbk (ISSP)の債券である。ISSP)は2023年8月3日にIDR 15 billionの資金を支払う。なお、国有建設会社、PT Waskita Karya (Persero) Tbk (WSKT)のIDR 135.5 billionの債券及び金融会社、PT BFI Finance Indonesia Tbk (BFIN)のIDR 260 billionの債券は2023年8月6日に満期となる。

そして、ガス産業会社、PT Samator Indo Gas Tbk (AGII)は2023年8月14日にIDR 9 billionの債券債務を投資家に支払う。2023年8月15日に、PT Indah Kiat Pulp & Paper Tbk (INKP)はIDR 120 billionの債券債務を投資家に支払う。2023年8月16日に、金融会社、PT Adira Dinamika Multi Finance Tbk (ADMF)はIDR 460.75 billionの債券債務を投資家に支払う。国立銀行、PT Bank Tabungan Negara (Persero) Tbk (BBTN)は2023年8月19日に、IDR 727 billionの債券債務を投資家に支払う。

そして、2023年8月21日に満期となる情報通信塔を経営する会社、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)の債券は今回、最大の債券支払いとなる。TBIGの投資家はIDR 1.47 trillionの資金を貰う覚悟ができている。最後に、石油化学製品供給会社、PT Chandra Asri Petrochemical Tbk (TPIA)が発行されたIDR 528.80 billionの債券は2023年8月26日に支払われる。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、ボンドコールに関する最新情報をご覧下さい!