BBCA - PT. Bank Central Asia Tbk

Rp 9.975

+100 (+1,01%)

【ジャカルタ】独占インタビュー前編において、PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)の最高財務責任者、Vera Eve Lim氏がBCAの持続可能なローン流通は2023年上期にIDR 181 trillionに及んだと語った。この融資業績は2060年にネットゼロ排出目標を達成する政府のプログラム通りである。今回の情報は2023年8月3日に行われた独占インタビューの後編と最終編を含む。

 

殆どのBCAの持続可能な融資流通を貰った地域はどの地域ですか?

本社面においては殆どジャカルタであるが、事業や工場がどこもある。例として、農園セクターはスマトラやカリマンタンに多く広がるかも知れない。粗パームオイルセクターにおいて、当社の債務者の68%は認定された。それは5年後に比べ、かなり激増した。これは刺激です。私はもう少しの時間を必要とすると考える。国内市場のみに注力する債務者もおり、これらの債務者は異なる事業を経営する為、我々は100%に達成するのを望まない。認定証の種類は欧州基準向けの持続可能なパームオイルに関する円卓会議(RSPO)だけではなく、インドネシア持続可能なパームオイル(ISPO)もある。

資金を提供された事業セクターは68%に及んだ。ポートフォリオの70%は認定された為、それは見事である。我々はそれは増え続け、新規融資は必要条件の一つとなれるように、期待する。我々は既に高いリスク分類にある5セクターを持っている。金融庁(OJK)によると、12高いリスクセクターがある。その12の中で、我々は施策が制御できるように、その5高いリスク分類のローン施策を更新した。農園セクターの持続可能な融資は支配され、運輸セクターとセメントセクターが続いた。

2023年上期に、我々は最初に持続可能なローンリンク(SLL)スキームを打上げた。2023年上期に、そのポートフォリオはIDR 200 billionに及んだ。銀行は持続可能なローンリンク(SLL)がある場合、資金を提供する準備ができている為、それは上昇するだろう。昨年、我々はこの商品に関して話していない。

 

電動車両とミクロ水力発電所向けの持続可能な融資に関してはどうですか?

以前、電動車両向けの融資全額はIDR 17 billionのみに及んだ。2023年上期に、それは今、ほぼIDR 800 billionに及んだ。電動車両向けの融資は魅力的となり、当社のエクスポに基付き、電動車両に対する顧客の関心はかなり高い。オプションは未だ、限られているが、電動車両セクターの一例である。私は今年末までそれはIDR 1 trillion近いに及ぶ可能性があると考える。

 

ローンを向上するBCAの戦略は何ですか?

2023年上期に当社のローンは9%伸びた。企業セグメントにおいて、企業セグメントバイセグメントは目標以下、約5.4%伸びた。しかし、他のセクター、ミクロ中小企業向けローンは15.5%、補助従来住宅ローン(KPR)は12%、車両所有権ローンは19%、クレジットカードは15%伸びた。我々はこれらのセクターは12%以上伸びたと分かった。

今年、当社のガイダンスは10%〜12%伸びるBCAの全ローンである、しかし、その成長は過去18ヶ月以内にご覧になれる。我々は大幅に増えるように、企業だけではなく、小売ローンや消費者ローンやミクロ中小企業向けローンにも注力していく。補助従来住宅ローン(KPR)及び車両所有権ローンに関して、2023年第2四半期に、車両所有権ローンの新規融資は高く記録された。それは昨年に比べ、30%以上伸びた。

我々はパンデミックの後、経済回復はインドネシアと累積需要にとって見事であり、特に、車両所有権ローンと補助従来住宅ローン(KPR)などのセクターは高いと分かる。したがって、当社の企業目標は同じく10%〜12%に及ぶ。今年、我々はそれは2023年下期に向上できるように、期待する。

他の興味深い事に、環境投資ローンは前年比、12%伸びた一方、運転資本ローンは前年比、6%以下伸びた。投資ローンは良い兆である。パンデミックの後、それは前年比、12%伸びることができ、投資ローンのセクターも増える。私個人はそれは我が国にとって見事だと思う。ミクロ中小企業向けのローンはIDR 105 trillionに及び、15.5%伸びた。

 

支払利息・シャリーア経費はIDR 3.96 trillionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 5.60 trillionに増加しました。それは増えた第三者資金の結果でしょうか?

実際、増えた利子は預金に発生した。3.5%から現在まで、かなり大幅に伸びたBank Indonesia (BI)の基準金利を考慮し、実際に、我々は今年頭に預金の利子を二回増やした。斯くて、他の投資商品を持っている預金利子間のギャップも考慮される。詰まり、それは当社の顧客の為である。

その為、我々は今年頭に預金利子を増やした。その増えた支払利息は殆どこれが原因であったが、それはコストファンドに影響をも与えた。なぜなら、当座勘定貯蓄勘定は全資金調達の81%に及ぶ。預金は19%に及ぶ。増えたコストファンドの影響はあまり大きくなく、約10ベーシスポイント(bps)に及ぶ。

 

今年末まで、増えるBCAの金銭的な費用はどうでしょうか?

当社の予測は今年末前、連邦準備制度の金利は最大限25ベーシスポイント(bps)に伸びる事である。金利は25ベーシスポイント(bps)に留まるが、それは減少すると思う者もいる。私はコストファンドが増える隙はないと思う。私は増えるコストファンドは本日と同じになるだろうと考える。 (NR/LK/ZH)

終わり。