PWON - PT. Pakuwon Jati Tbk

Rp 392

-8 (-2,00%)

【ジャカルタ】インデクス52の構成銘柄に入っているPT Pakuwon Jati Tbk (PWON)は今年、土地銀行を取得し、営業資産を強化する為、約IDR 2.4 trillionの全設備投資のIDR 1.35 trillionを割当てる。2023年上期末まで、IDR 756 billionの設備投資を実現した。

PT Pakuwon Jati Tbk (PWON)の取締役社長、Alexander Stefanus Ridwan氏がその設備投資のIDR 856 billionは新規プロジェクト及び刷新の為、IDR 165 billionはバリ島のクタのフォーポイントを取得し、IDR 1.35 trillionは土地銀行と営業資産を取得する契機の為、割当てられると語った。

「展開と刷新の割当はブカシの土地取得(IDR 400 billion)、ECMタワープロジェクト(IDR 250 billion)、ジョグジャカルタのモールやホテル、ソロのモールの刷新、PM(パクヲンモール)、コカス(コタカサブランカ)、TP(トゥンジュンガンプラザ)のプロジェクト完了(IDR 100 billion)を含めます。」とStefanus氏は本日(2023年8月15日)、南ジャカルタのガンダリア8オフィスでIDNFinancialsとの単独会見の間に説明した。

Stefanus氏によると、当社はIDR 372 billionでバタムの12.4ヘクタールの取得を完了したそうである。その資金源は設備投資によるものである。Stefanus氏がバタムの土地はその契約を完了された後、来年から徐々に発展されると語った。「バタムの発展計画は小売モールや2軒のホテルや3軒のアパートを含みます。」とStefanus氏は述べた。

2023年上期に、当社はIDR 2.89 trillionの収入を記録し、IDR 2.75 trillionの2022年上期に比べ、増加した。その粗利益はIDR 1.41 trillionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 1.61 trillionに増加した結果、純利益はIDR 89.48 billionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 1.24 trillionに増加した。

その収入の最大の貢献者はIDR 1.95 trillionを貢献した顧客契約であった。続いて、オフィススペース賃貸はIDR 908.16 billionを、アパートサービスはIDR 33.08 billionを貢献した。

顧客契約の収入源はIDR 415.21 billionのメンテナンスサービス、IDR 281.36 billionのコンドミニアム・オフィス販売、IDR 488.64 billionのホテル収入、IDR 406.57 billionの土地販売、IDR 363.51 billionのその他収入源を含める。 (NR/LK/ZH)