UCID - PT. Uni-Charm Indonesia Tbk

Rp 855

-10 (-1,16%)

【ジャカルタ】PT Uni Charm Indonesia Tbk (UCID)は2023年上期にIDR 184.95 billionの純利益を記録し、IDR 115.71 billionの2022年上期に比べ、59.83%伸びた。その実績は増えた収入及び外国為替差益のお蔭であった。

本日(2023年8月16日)、引用された2023年上期財務報告書によれば、UCIDの収入は2023年上期にIDR 5.38 trillionを記録され、IDR 5.06 trillionの2022年上期に比べ、増加した。粗利益は2023年上期にIDR 1.04 trillionを記録され、IDR 926.08 billionの2022年上期に比べ、増加した結果、当期純利益はIDR 11.571 billionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 184.95 billionに上昇した。

2023年上期に増えたその純利益はIDR 12.73 billionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 14.89 billionに増加した金融所得が支援された。2022年上期に、当社はIDR 133 millionの外国為替差損を記録したが、2023年上期にIDR 5.05 billionの外国為替差益を記録した。その他収入はIDR 4.6 billionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 14.11 billionにも増加した。

収入の最大の貢献者はIDR 4.41 trillionの2022年上期に比べ、2023年上期にIDR 4.84 trillionにも増加した第三者顧客であった。一方、関連当事者顧客は2023年上期にIDR 541.05 billionのみを貢献し、IDR 650.57 billionの2022年上期に比べ、低下した。 (NR/LK/ZH)