AKRA - PT. AKR Corporindo Tbk

Rp 1.665

+10 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT AKR Corporindo Tbk (AKRA)は今年末までJIIPEグレシック経済特区のIDR 2 trillionの土地販売の収入を目指している。昨年、経済特区のマネタイゼーションは約IDR 1 trillionの収入を貢献した。

AKRAの取締役、Vembu Suresh氏が当社はJIIPEグレシック経済特区の土地販売は年末まで75ヘクタール以上に及ぶと楽観的だと語った。「今まで、30ヘクタールは販売されました。その全価値(75ヘクタール)はIDR 2 trillion以上に及んでおります。」とSuresh氏は2023年8月16日(水)にAKRタワーで会ったとき、IDNFinancialに述べた。

当社は5〜20ヘクタール以上の土地を必要とする金属・電子・化学品産業のクラスターのテナントを求めている。「我々は1〜2ヘクタールの土地を求めている会社を求めておりませんが、一つの地帯で電気や水道や港を必要とするテナント会社予定者を求めております。」とSuresh氏は述べた。

Suresh氏によると、JIIPEグレシック経済特区コンセプトは物流と電気の効率を優先する会社の為だそうである。JIIPEグレシック経済特区の土地のマネタイゼーション潜在的はIDR 20 trillionに及ぶ、したがって、当社はその地帯に入るとき付加価値を得る為、テナント予定者を選択的に選抜する。

JIIPEグレシック経済特区の地域面積は販売され、賃貸される332ヘクタール、1,014ヘクタールの土地銀行、405ヘクタールの施設用土地を含め、1,751ヘクタールを記録される。その地帯で運営しているテナント数はPT Nippon Indosari Corporindo、PT Fertilizer Inti Technology、PT Clariant Adsorbent Indonesia、PT Waskita Beton Precast、PT Adhimix PCI Indonesia、PT Cahaya Maju Lestari、PT Freeport Indonesiaを含める。

2023年上期に、工業地帯・電気・その他の利用用土地販売はIDR 19.71 trillionの全収入のIDR 520.39 billionを貢献した。昨年、それはIDR 977.56 billionに及んだ。 (NR/LK/LM)