PWON - PT. Pakuwon Jati Tbk

Rp 412

-6 (-1,00%)

【ジャカルタ】PT Pakuwon Jati Tbk (PWON)は西ジャワ州の第2段階の追加土地銀行を目指している。2023年上期にIDR 400 billionの設備投資でその地帯の5ヘクタール以上の土地を取得した。

PWONの取締役社長、Alexander Stefanus Ridwan氏が当社は来年からギャラクシーブカシの近くにある土地銀行を拡大する予定だと語った。「我々は現在、その地帯でホテルとアパートを建てております。その地帯はゴロがあった場所でした。我々は入札を落札し、その隣にある学校とガソリンスタンドの地帯を取得しました。」とRidwan氏は2023年8月15日にガンダリア8オフィスのインタビューを通じて、IDNFinancialsに述べた。

Ridwan氏によると、ブカシの土地はショッピングセンター、アパート、JWマリオットが経営される384室を持っている2つ星〜4つ星のホテルを含み、スーパーブロック複合体として建てられるそうである。

第2段階に関して、当社はIDR 2 trillionを投資し、その地帯の土地銀行を拡大していく。「我々は土地取得が容易ではないので、できる限りこの計画を実行します。3,000平方メートルを得ようとしております。」とRidwan氏は説明した。

ご存知の通り、インデクス52の構成銘柄として上場されるPWONは今年、IDR 2.4 trillionの設備投資を割当てた。2023年上期まで、IDR 22.73 trillionの時価総額を記録し、設備投資のIDR 765 billionを使途した。 (NR/LK/ZH)