GPSO - PT. Geoprima Solusi Tbk

Rp 228

-6 (-2,56%)

【ジャカルタ】PT Jayamas Medica Industri Tbk (OMED)はインドネシア証券取引所(IDX)の2023年8月30日(水)の取引セッションに30.07%伸びた株式を記録した後、トップゲイナーに立った。2023年8月29日にトップゲイナーに立ったNOBUを入れ替えた。

本日(2023年8月30日)、引用されたインドネシア証券取引所(IDX)のデータによれば、OMEDの株価は2023年8月30日の取引の終わりに一株当たりIDR 199を記録され、一株当たりIDR 153の2023年8月29日に比べ、上がった。その高値は一株当たりIDR 202を、低値は一株当たりIDR 153を記録された。

OMEDの売買高は約1億743万株を、取引回数は6,989回を、取引額はIDR 19.86 billionを記録された。総合株価指数(JCI)の上昇傾向は投資家にOMEDの株式を大量に購入させた結果、OMEDの対外買は1040万株を、対外売は491万株を記録された。

一方、PT Geoprima Solusi Tbk (GPSO)の株価は2023年8月30日の取引の終わりに一株当たりIDR 144を記録され、一株当たりIDR 11の2023年8月29日に比べ、一株当たりIDR 27又は23.08%上がった。その売買高は3702万株を、取引回数は5,052回を、取引額はIDR 5.23 billionを記録された。

しかし、GSPOの株式に対する投資家の情操はOMEDの株式と正反対であった。GSPOの対外買はゼロ株を記録sれた一方、その対外売は10,000株を記録された。 (NR/LK/ZH)