PWON - PT. Pakuwon Jati Tbk

Rp 382

-4 (-1,00%)

【ジャカルタ】国際的信用格付け機関、S&PはPT Pakuwon Jati Tbk (PWON)の格付けを「BB」から「安定」見通しを持っている「BB+」に昇格した。

本日(2023年9月11日)、インドネシア証券取引所(IDX)に発行された情報開示によれば、その実績はPWONの経常収益と堅固な財務業績の良好な予測が引き起こされる。

その経常収益は2023年と2024年に全収入の70%〜75%伸びると推定される。それは65%の2022年の収入に比べ、恒常的に伸びる。

「我々はインドネシアの不動産セクターの会社の中で最高の格付けである『BB+』に昇格されたこの格付けを誇りに発表します。」とPWONの取締役兼会社秘書役、Minarto Basuki氏は述べた。

PWONは2023年3月にバリ島、クタのフォーポインツホテルを取得し、2023年と2024年にジョグジャカルタとソロのショッピングセンターの刷新の完了を準備し、2024年にパクウォンモールブカシの将来的な運営を開設し、経営する事を含め、ポートフォリオを勢い良く展開している。

そのプロジェクト面において、S&PがPWONの経常収益は2023年にIDR 4.5 trillionに、2024年にIDR 4.8 trillionに及べると予測する。

現在、PWONはガンダリアシティとコタカサブランカスーパーブロック、ブロックMプラザ、トゥンジュンガンシティスーパーブロック、インドネシア全土の様々な地域のパクウォンモールを含め、数十の不動産を経営している。

「当社の小売ポートフォリオは一貫して90%以上伸びた稼働率が強化されます。」とBasuki氏は述べた。 (NR/ZH)