DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 500

-10 (-1,96%)

【ジャカルタ】PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)の子会社の一つ、PT Bukit Makmur Mandiri Utama (BUMA)はUSD 60 million又は約IDR 920 billionのシャリーアシンジケートローンを貰った。

そして、PT Bank Muamalat Indonesia (BMI)にUSD 50 millionの参加資本をも貰った。この資金調達に関して、BMIは委任された実行主幹事会社、ファシリティー代理業者、保証代理業者としても働く。

BUMAの取締役、Nanang Rizal Achyar氏がその融資は当社の業績に対して様々な側の信頼の形だと語った。「競争的な価格を持っているこの新融資はインドネシアの著名な石炭採鉱請負業者会社としてBUMAの信頼性の証拠です。」とAchyar氏は公式開示を通じて、述べた。

Achyar氏がその融資はBUMAの企業行動と運営上活動を支援する為、使途されると語った。「我々はこの提携はより大規模な協力になり続けられるように、願っております。」とAchyar氏は付け加えた。

情報上、BUMAは採鉱請負業者業に従事されるDOIDのビジネスユニットの一つである。そして、幾つかの多様化を努力していた。この多様化はBUMAの運営上業績を支援し、DOIDの収入を23%に増やす。 (NR/KR/ZH)