AMMN - PT. Amman Mineral Internasional Tbk

Rp 12.000

-100 (-1,00%)

【ジャカルタ】2023年9月14日(木)に、純対外の株数は低く記録された。それは外国投資家は情報通信会社、PT Smartfren Telecom Tbk (FREN)の11.3億株以上を売却した後、約-10.3億株に低下したFRENの純株数が主に原因であった。これは購入された1億8430万株の中に今回、8138万株の最高の純株数を記録した電子商取引会社、PT Bukalapak.com Tbk (BUKA)が左右された。なお、対外売の株数は35.5億株を、対外買の株数は25.8億株を、純対外の株数は-970,637,100株を記録された。

FRENに続き、外国投資家は私立銀行、PT Bank Central Asia Tbk (BBCA)のほぼ1億株を売却した結果、BBCAの純株数は-2476万株を記録された。そして、外国投資家は不動産開発業者、PT Surya Permata Andalan Tbk (NATO)の約2051万株を、ペンキ生産業者、PT Avia Avian Tbk (AVIA)の2214万株を売却した結果、NATOとAVIAは夫れ夫れ-2000万株の純株数を記録した。外国投資家はPT Perusahaan Gas Negara Tbk (PGAS)の3574万株を売却した後、PGASの純株数は-1752万株を記録された。

一方、外国投資家はデジタル会社、PT GoTo Gojek Tokopedia (GOTO)の4億1478万株を購入した結果、GOTOの純株数は7358万株を記録された。そして、外国投資家はPT Garuda Indonesia (Persero) Tbk (GIAA)の5341万株を購入した結果、GIAAの純株数は3475万株を記録された。外国投資家はPT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)の1億8806万株を購入した後、BRMSの純株数は約2990万株を記録された。最後に、外国投資家は銅・産金会社、PT Amman Mineral Internasional Tbk (AMMN)の3277万株を購入した結果、AMMNの純株数は2574万株を記録された。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、純対外に関する最新情報をご覧下さい!