EDGE - PT. Indointernet Tbk

Rp 3.930

+30 (+1,00%)

【ジャカルタ】情報技術サービス提供業者、PT Indointernet Tbk (EDGE)は1︰5比率を持っている株式分割を行う。

EDGEの会社秘書役、Donauly Elena Situmorang氏がその株式分割後、その株数は一株当たりIDR 15の以前から一株当たりIDR 10の額面価値を持つことになると語った。一方、発行済株式数は4億450万株の以前から20.2億株に上昇する。

これまで、EDGEはインドネシア証券取引所(IDX)の本承認を貰ったと報告された。

Situmorang氏がその企業行動はインドネシア証券取引所(IDX)の最小限の自由浮動株の必要条件を果たす為、行われると説明した。なお、「当社の株価は小売投資家にとってより手頃価格になり、当社の株数が増えるでしょう。」とSitumorang氏は情報開示を通じて、述べた。

EDGEの経営陣はその株式分割に関する承認を求める為、株主総会を開催する。その総会は2023年10月25日に予定される一方で、その株式分割は2023年11月15日に行われると予測される。

IDNFinancialsのデータによると、現在、EDGEの約59.10%株はDigital EDGE (Hong Kong) Limitedが支配される。その16.56%株はOtto Toto Sugiri氏が、その7.45%株はHan Arming Hanafia氏が、その6.44%株はがBing Moniagaが、その10.45%株は大衆投資家が所有される。 (NR/KR/ZH)