BALI - PT. Bali Towerindo Sentra Tbk

Rp 1.210

-15 (-1,24%)

【ジャカルタ】PT Bali Towerindo Sentra Tbk (BALI)は2023年10月4日〜5日、IDR 425 billionの2023年第2相第1発行登録スクークイジャラを発行する。このスクークイジャラの収益は債務を返済し、インドネシアの何ヶ所の都会の光ファイバーケーブルを向上する為、使途される。

2023年9月21日(木)に引用された趣意書によれば、そのスクークイジャラはストリップ無しで年毎にIDR 32.51 billionの残りイジャラ利回りの100%で発行される。それは370日間テナーを持っている残りイジャラ利回りの年毎にIDR 1 billionのIDR 76.5 millionの全イジャラ利回りから算出される。

そして、そのスクークイジャラ発行の収益の7.49%は借り換えの為、その36.76%は設備投資の為、その残りは運転資本の為、割当てられる。

なお、その設備投資の50%は企業や小売や政府セグメントのX光ファイバーケーブルの展開の為、使途される。その残り50%は投資又はマイクロセルポール情報通信塔のアップグレードやジャボデタベックやジャワ島やバリ島におけるBALIが所有される情報通信塔をつなぐ光ファイバーケーブルネットワークの為、使途される。

そのスクークイジャラはPT Fitch Ratings Indonesia (Fitch)に「A- (idn) (sy)」格付けを貰った。そのスクークイジャラ発行に関して、任じられる引受会社はPT BRI Danareksa SekuritasとPT Sucor Sekuritasである一方で、任じられる受託会社はPT BPD Jawa Barat dan Banten Tbk (BJBR)である。 (NR/LK/ZH)