SPMA - PT. Suparma Tbk

Rp 324

-6 (-2,00%)

【ジャカルタ】2023年9月19日(火)に、電動車両用電池メーカー、PT Merdeka Battery Minerals Tbk (MBMA)は67.9億株を購入したWinato Kartono氏を新投資家として歓迎した。その取引によって、Winato氏はMBMAの6.29%所有権を持っている株主となった。なお、別の個人投資家、Garibaldi Thohir氏はMBMAの38.1億株を購入した。それだけではなく、建物建設会社、PT Paramita Bangun Sarana Tbk (PBSA)は2億160万株を購入した外国投資家、Bank of Singapore Limitedを新投資家として手に入れた。それによって、Bank of Singapore LimitedはPBSAの6.72%所有権を持っている。

なお、PT Samuel Sekuritas Indonesiaはパームオイルを生産する会社、PT Nusantara Sawit Sejahtera Tbk (NSSS)の3億3854万株を購入した。そして、PT Saratoga Investama Sedaya Tbkは金属・鉱物生産に従事される親会社、PT Merdeka Copper Gold Tbk (MDKA)の722万株を購入した。最後に、PT Paraga Arta Midaは不動産会社、PT Bumi Serpong Damai Tbk (BSDE)の194万株を購入した。

一方、2名の個人投資家は2社の異なる会社における所有権を売却した。その一名、Sugiman Halim氏は鉱物資源採鉱業に従事される会社、PT Bumi Resources Minerals Tbk (BRMS)の4億8286万株を売却した後、今、BRMSにおける所有権は7.38%に低下した。もう一名、Sukarto Bujung氏は情報技術会社、PT Metrodata Electronics Tbk (MTDL)の1000万株を売却した。そして、外国投資家、GOTO Peopleverse Fundはデジタル会社、PT GoTo Gojek Tokopedia (GOTO)の694万株を、PT Sari Bumi Indopowerは紙を製造する会社、PT Suparma Tbk (SPMA)の350万株を売却した。 (NR/KD)

IDNFINANCIALSを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!