NPGF - PT. Nusa Palapa Gemilang Tbk

Rp 50

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Nusa Palapa Gemilang Tbk (NPGF)は2023年第3四半期末までIDR 30 billionの肥料発注を目指している。2023年7月に、東ジャワ州、グレシック、ペンチェンの工場を完成した後、最大限の生産能力に及ぶ。

PT Nusa Palapa Gemilang Tbk (NPGF)の会社秘書役、Yudi Koswinarko氏がその肥料発注は生産と配送プロジェクトの完了段階にあると語った。「当社は商業的に運営されており、幾つかの企業顧客を貰いました。」とYudi氏は2023年9月26日(火)に引用された情報開示を通じて、述べた。

Yudi氏によると、その肥料生産工場の完了は収入生長を高めるそうである。なお、NPGFは特に、椰子やその他園芸、市場を農園・非農園セグメントに展開する。

2023年7月に、NPGFはIDR 60 billionの投資を持っているグレシック、ペンチェンの肥料工場の建設を完了した。その建設は2022年9月に開始された。それは工場建物やより効率的な2セットの乾式造粒機とその他支援インフラの建設を含める。

2023年9月現在、NPGFはIDR 22.78 billionの利益を記録し、IDR 2.38 billionの2022年9月に比べ、急上昇した。収入は2023年9月にIDR 8.76 billionを記録され、IDR 98.19 billionの2022年9月に比べ、低下した。一方、総損失はIDR 17.32 billionの2022年9月に比べ、2023年9月にIDR 18.77 billionに増加した。

しかし、NPGFは2023年9月にIDR 78.38 billionのその他収入を記録した。その他収入はIDR 11.30 millionの2022年9月に比べ、増加した。その実績により、NPGFは2023年9月にIDR 22.78 billionの税引き前利益を記録し、IDR 2.38 billionの税引き前損失を記録された2022年9月に比べ、激増した。 (NR/LK/ZH)