DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 555

+40 (+8,00%)

【ジャカルタ】1992年以降、運営されている鉱業会社、PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)は2023年上期にUSD 0.86 billion又はIDR 13.35 trillionの収入を記録した。

2023年上期にその収入は前年比、19%伸びた。PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)の取締役、Dian Andyasuri氏によると、この増加は当社が行われた本業変換、実行された多様化戦略通りだそうである。

「2023年上期に、我々は収入構成の大幅な変換を達成しました。冶金用石炭とインフラは18%を貢献しました。それは今、82%に及んだ熱出炭の収入割前を減らす大きな一歩として示します。」とDian氏は公式声明を通じて、説明した。

2023年上期中、鉱区でDOIDによって発見された資材量は2億8600万バンク立方メートル(bcm)を記録された。そして、表土量は前年比、10%伸びた一方で、出炭は前年比、2%伸びた。

その運営上業績により、DOIDの金利、税金および減価償却前利益(EBITDA)は2023年上期にUSD 175 million又はIDR 2.71 trillion、前年比、7%伸びた。

「純利益はUSD 5 million又はIDR 77.63 billion、前年比、13%僅かに低下しました。その殆どは増えたロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の為、増えた資金調達が引き起こされました。」とDian氏は付け加えた。 (NR/KR/ZH)