MAYA - PT. Bank Mayapada Internasional Tbk

Rp 208

+10 (+5,05%)

【ジャカルタ】PT Bank Mayapada Internasional Tbk (MAYA)の株主は株主割当発行を通じて、増資計画に合意した。この企業行動計画は2023年10月2日(月)に開催された臨時株主総会で承認された。

PT Bank Mayapada Internasional Tbk (MAYA)の会社秘書役、Jennifer Ann氏が株主は一株当たりIDR 100の最大限の270億株Bシリーズの株主割当発行計画を承認したと語った。「その最大限の金額はIDR 2.7 trillionに及びます。」とJennifer氏は2023年10月4日(水)に引用された臨時株主総会の議事録を通じて、述べた。

同臨時株主総会は当社が発行された有効な票を持っている全株の97.07%又は114.8億株を代表する株主が出席された。その株主割当発行計画は定足数の80%又は91.8億株が承認された。

その株主割当発行に関する臨時株主総会の決定は2022年11月22日に開催された臨時株主総会の決定を入れ替える。

その株主割当発行の収益は債務者予定者へのローン流通に関して公称資本及び運転資本を増やす為、使途される。

2023年8月31日現在、MAYAは118.3億株を記録した。そして、その株主構成はUnity Rise Limited(7.31%)、Galasco Investments(12.67%)、JPMC NaRe-Cathay(19.36%)、Mayapada Karunia(29.89%)、Liang Xian Limited(12.39%)、Mayapada Kasih(4.77%)、Dato Sri Tahir氏(4.79%)、大衆投資家(仮株券)(6.25%)、大衆投資家(非仮株券)(2.57%)であった。 (NR/LK/ZH)