CMNT - PT. Cemindo Gemilang Tbk

Rp 1.135

-15 (-1,32%)

【ジャカルタ】「Merah Putih」と言うブランドを持っているセメントメーカー、PT Cemindo Gemilang Tbk (CMNT)はPT Semen Bosowa Indonesiaとの提携延長契約を締結した。

CMNTの取締役副社長、Vince Erlington Indigo氏がSemen Bosowaと共に締結されたその契約は「027/CG/XI/2019」号の運営提携契約及び「026/CG-SBI/XI/2019」号の賃貸契約を含むと語った。この二つの契約は2029年11月29日までに延長される。

Vince氏が延長されたその提携契約は当社の生産能力を確保すると語った。「それは利害関係者に付加価値を与える為、財政状態を強化する当社の持続可能性をも確保するでしょう。」とVince氏はインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

IDNFinancialsのデータによると、2023年上期末に、CMNTはIDR 223.24 billionの純利益を記録した。その純利益はIDR 50.07 billionの2022年上期に比べ、前年比、345.8%伸びた。

一方、トップラインセグメント面において、CMNTの収入は2023年上期にIDR 4.32 trillionを記録され、IDR 4.46 trillionの2022年上期に比べ、3.22%縮減した。 (NR/KR/ZH)