DOID - PT. Delta Dunia Makmur Tbk

Rp 515

+21 (+4,25%)

【ジャカルタ】PT Delta Dunia Makmur Tbk (DOID)の子会社、PT Bukit Makmur Mandiri Utama (BUMA)は2026年に満期となる優先債券の一部を買い戻した。

DOIDの取締役、Dian Sofia Andyasuri氏がその債券の買い戻しは公開市場でBUMAによって行われたと語った。その取引額はUSD 20.43 millionに及び、その債券の元金の5.11%を代表する。

「この買い戻し後、2023年未払い債券はUSD 379.5 millionに及び、2026年債券の元金の94.89%を代表します。」とインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

情報上、買い戻されたその債券は7.75%の利子を持っている。それはシンガポール証券取引所(SGX)に上場される。

IDNFinancialsのデータによると、2023年6月30日現在、DOIDはUSD 189.3 millionの現金及び現金同等物を持っていた。一方、その総資産はUSD 1.58 billionを、純資産合計はUSD 250 millionを記録された。 (NR/KR/ZH)