KOKA - PT. Koka Indonesia Tbk

Rp 80

+6 (+8,00%)

【ジャカルタ】建設サービス会社、PT Koka Indonesia Tbk (KOKA)は設備投資としてIDR 15 billionを割当てる。この設備投資は遅くとも今年末まで実現される。

2023年10月13日(金)に引用された略趣意書によれば、KOKAはIDR 3 billionの3台のホイールローダー、IDR 7.2 billionの2台のクレーン車、IDR 4.8 billionの2台の掘削機を含め、重機を購入する為、設備投資を費やす。

その設備投資の資金源は2023年10月3日〜9日、行われた7億1533万株の新規株式公開の収益によるものである。その実行価格は一株当たりIDR 128に及び、KOKAはその新規株式公開を通じて、IDR 91.56 billionの収益を得た。そして、その収益の17.23%は設備投資として、その82.77%は運転資本として割当てられた。

PT Rimpac Daya Mitra (RDM)は機械と重機(クレーン車と掘削機)の売手として任じられた第三者である。KOKAとRDMは関係会社ではない。 (NR/LK/ZH)