PAMG - PT. Bima Sakti Pertiwi Tbk

Rp 66

+1 (+1,52%)

【ジャカルタ】2023年10月19日に、総合株価指数(JCI)が低下する最中に、PT Bima Sakti Pertiwi Tbk (PAMG)の株式は終値を記録された2023年10月18日に比べ、34.55%伸びた。それはPAMGをトップゲイナーに立たせた。

2023年10月20日(金)に引用されたインドネシア証券取引所(IDX)のデータによれば、PAMGの株価は2023年10月19日に高値でもあった一株当たりIDR 74に終えられ、一株当たりIDR 55の終値を記録された2023年10月18日に比べ、一株当たりIDR 19上がった。低値は一株当たりIDR 55を記録された。

2023年10月19日の取引中、PAMGの売買高は約1億2719万株を、取引回数は8,338回を、取引額はIDR 8.68 billionを記録された。この上昇傾向は投資家の熱意が伴った結果、PAMGの対外売は646万株を、対外買は696万株を記録された。

34.09%伸びた株式を記録したPT PAM Mineral Tbk (NICL)は二位に立った。NICLの株価は2023年10月19日に高値でもあった一株当たりIDR 236に終えられ、一株当たりIDR 176の終値を記録された2023年10月18日に比べ、一株当たりIDR 60上がった。低値は一株当たりIDR 177を記録された。

NICLの売買高は2億9797万株を、取引回数は21,043回を、取引額はIDR 64.46 billionを記録された。総合株価指数(JCI)が低下しても、NICLの株式に対する外国投資家の熱意を示された結果、NICLの対外売は1933万株を、対外買は1942万株を記録された。 (NR/LK/ZH)