HEAL - PT. Medikaloka Hermina Tbk

Rp 1.345

-5 (0%)

【ジャカルタ】ヘルミナ病院を経営する会社、PT Medikaloka Hermina Tbk (HEAL)は2023年10月30日から第2発起人株購入制度計画(MESOP)を通じて、1億7537万株を転換する。

HEALの取締役、Aristo Setiawidjaja氏がその企業行動計画は一週間、2023年10月30日から11月3日まで行われると語った。

その計画は上場前、HEALの株式に関する2021年7月29日の発表に基付く。発起人株購入制度計画(MESOP)の株数は2億2297万株に及ぶ。オプション権は2019年5月20日に流通される。発効期日は2020年5月20日に終了され、オプション権の活動期は2024年5月19日まで行われる。行使期間は年に2回、2020年6月に、2021年11月〜12月、行われる。

権利行使価格は一株当たりIDR 622.20に設定される。転換されるその株数を累積する場合、得た資金はIDR 109.18 billionに及ぶ。

2023年10月20日に、HEALの株式は一株当たりIDR 1,460の高値で売買された。それは過去2年以内に100%以上上がったHEALの株価を示す。

2023年9月30日現在、149.6億株を上場された全株の5%株以上を所有しているHEALの取締役はBinsar Parasian氏(5.8%)及びYulisat Khiat氏(11.71%)であった。そして、HEALの5%株未満を所有している他の取締役はHEALの取締役社長であるHasmoro氏(4.06%)及びAristo Setiawidjaja氏(0.33%)であった。 (NR/LK/ZH)