TPIA - PT. Chandra Asri Pacific Tbk

Rp 7.000

-225 (-3,11%)

【ジャカルタ】PT Chandra Asri Petrochemical Tbk (TPIA)は子会社、PT Chandra Asri Alkali (CAA)を通じて、アルミ下流過程を促進し、国内の電動車両生態系を加速する為、PT Indonesia Asahan Aluminium (Inalum)と提携している。

締結された落札内示書において、TPIAは塩素アルカリエチレンジクロリド(CA-EDC)を通じて、苛性ソーダをInalumに供給する。この苛性ソーダは電動車両用電池の成分を含め、Inalumが所有される精錬所のアルミ生産の主要な成分として使用される。

TPIAの取締役社長兼最高経営責任者、Erwin Ciputra氏が当社はこの提携を大歓迎すると語った。Ciputra氏がなぜなら、この提携は採鉱下流過程の支援者として当社の投資ポートフォリオの実施において重要な役割を持っていると語った。

「Chandra Asriグループは特に、アルミセクターにおいて、下流生態系を生成する事に貢献でき、国内の電動車両業界の加速を支援します。」とCiputra氏は公式リリースを通じて、述べた。

一方、Inalumのビジネス開発担当重役、Melati Sarnita氏がCAAが供給される原料はPT Aneka Tambang Tbk (ANTM)と共に設立されたInalumの子会社、PT Borneo Alumina Indonesia (BAI)によって使用されると語った。

Sarnita氏がInalumは現在、国家的アルミ下流生態系を開発し、生産を増やす事に注力していると語った。 (NR/KR/ZH)