PBSA - PT. Paramita Bangun Sarana Tbk

Rp 290

+2 (+0,69%)

【ジャカルタ】建築物建設会社、PT Paramita Bangun Sarana Tbk (PBSA)はIDR 120 billion又は一株当たりIDR 40の中間配当を流通する計画を発表する。

PBSAの取締役社長、Vincentius Susanto氏がその計画は取締役会の決定通りだと語った。「それは2023年10月26日にコミサリス役会によって承認されました。」とSusanto氏はインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

同中間配当は2023年11月9日に正式に記録された株主に流通される。中間配当支払いは2023年11月29日に行われる。

IDNFinancialsのデータによると、2023年1月〜9月、PBSAはIDR 68.13 billionの純利益を記録した。IDR 109.38 billionの無制限の留保利益を、IDR 593.51 billionの純資産合計を記録した。 (NR/KR/ZH)