BELL - PT. Trisula Textile Industries Tbk

Rp 60

-1 (-1,67%)

【ジャカルタ】PT Trisula Textile Industries Tbk (BELL)はPT Trimas Bellindo Aparel Manufaktur (TBAM)と言う新子会社を設立した。

BELLの取締役、Heru Jatmiko Harrianto氏がTBAMは一株当たりIDR 1 millionの価値を持っている40,000株を含み、IDR 40 billionの公称資本で設立されたと語った。一方、TBAMの発行・払込資本は一株当たりIDR 1 billionの価値を持っている20,000株を含み、IDR 20 billionに及ぶ。

TBAMの設立において、BELLはTBAMの発行・払込資本の約99%又はIDR 19.8 billionの資本投資を流通する。一方、TBAMの発行・払込資本の残り1%株又はIDR 200 millionはPT Mido Indonesiaによって流通される。

TBAMは中部ジャワ州、スコハルジョに位置される。Heru Jatmiko Harrianto氏はコミサリス役会長として、Kartono Budiman氏は取締役として務める。

「TBAMの設立は当社の運営上活動、法的、財政状態、事業の持続可能性に物的な影響を与えません。」とHarrianto氏は述べた。 (NR/KR/ZH)