TGKA - PT. Tigaraksa Satria Tbk

Rp 6.450

-50 (-0,77%)

【ジャカルタ】昨年、配当金を流通しなかった後、PT Tigaraksa Satria Tbk (TGKA)はIDR 27.55 billionの2023会計年度の中間配当を流通する。2021年に、IDR 32.14 billionの中間配当を流通した。

TGKAの会社秘書役、Syahrizal Sabir氏が一株当たりIDR 30の中間配当は2023年11月30日に支払われると語った。同中間配当の流通は2023年第3四半期に記録されたIDR 340.10 billionの純利益、IDR 1.96 trillionの留保利益、IDR 2.13 trillionの純資産合計に基付く。

通常市場と折衝市場の配当付き・落ちは2023年11月20日〜21日、予定される。そして、現金市場の配当付き・落ちは2023年11月22日〜23日、行われる。この中間配当は2023年11月11日に正式に記録された株主に流通される。

今年の中間配当は一株当たりIDR 35の2021年のより低い。2021年9月30日現在、TGKAの純利益はIDR 250.52 billionを記録された。そして、留保利益はIDR 1.49 trillionを、純資産合計はIDR 1.55 trillionを記録された。 (NR/LK/ZH)