MAPI - PT. Mitra Adiperkasa Tbk

Rp 1.375

+10 (+0,73%)

【ジャカルタ】雑貨店チェーンを運営するデンマーク会社、Flying Tiger Copenhagenはインドネシアで最新3号店をオープンする為、PT Mitra Adiperkasa Tbk (MAPI)と提携している。

その3号店はグランドインドネシアショッピングモールにある。2023年10月に、Flying Tiger Copenhagenはリッポモールプリとスーパーモールカラワチで2軒の店舗をオープンした。

MAPのファッション課の最高執行責任者、Michele Wibisono氏がその新店舗の開通はFlying Tiger Copenhagenとの初期提携の成功及び利益性を示すと語った。「私はインドネシアの小売市場のMAPの言質と卓越によって、Flying Tiger Copenhagenの新店舗は世界的なブランド展開において重要な立場を得ると考えます。」とMichele氏は述べた。

一方、Flying Tiger Copenhagenの最高経営責任者、Martin Jermiin氏がインドネシアは証明された市場潜在的を持っていると語った。「我々はインドネシアのFlying Tiger Copenhagenはアジア市場でFlying Tiger Copenhagenのポートフォリオを強化すると考え、インドネシア小売センターでブランドの臨在を展開するのに調子付きます。」とMartin氏は述べた。

IDNFinancialsのデータによると、2023年1月〜9月、MAPIはIDR 23.79 trillionの純収入を記録した。一方、純利益はIDR 1.49 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)