INTP - PT. Indocement Tunggal Prakarsa Tbk

Rp 7.000

0 (0%)

【ジャカルタ】PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)は取得後、PT Semen Grobogan (SGB)のセメント生産能力を290万トンに増やす事について楽観的である。SGBの全株を取得する取引は2023年11月末に完了される。

PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)の取締役社長、Christian Kartawijaya氏が当社はSGBを取得した後、ジャワ島のセメント需要を達成できたと語った。「SGBの所在地の生産は東ジャワ州の西部に供給できます。東ジャワ州の東部において、我々はバニュワンギの工場からそれを供給できます。」とChristian氏は2023年11月13日(月)にIDNFinancialsによって会われたとき、述べた。

Christian氏によると、当社はSGBの工場を取得することによってより効率的にセメントを中部ジャワ州に配布するそうである。これまで、西ジャワ州とジャカルタのINTPの配布は西ジャワ州のチトゥルプとチルボン、バンテン州のチガディンターミナルの工場がある為、非常に効率的であった。

Christian氏が西ジャワ州のINTPの市場占有率は鉄道輸送を通じて、チトゥルプ工場から配布される33%だと語った。チトゥルプとチビノン工場から中部ジャワ州までの流通費は夫れ夫れトン当たりIDR 150 thousandとIDR 120 thousandである。SGBの工場によって、輸送費と燃料消費は節約される。

「その後、私はそれを100%利用します。現状の生産能力は250万トンに及び、代替の原料と燃料を使用しない為、それを290万トンに増やせます。Indocementが入る場合、効率がある為、別の節約となります。」とChristian氏は述べた。

Christian氏によると、INTPは既に、顧客を持っている為、SGBのブランドを維持する事を含め、SGBの工場から三つセメントブランドをリリースするそうである。 (NR/LK/LM)