TBIG - PT. Tower Bersama Infrastructure Tbk

Rp 1.775

+5 (+0,28%)

【ジャカルタ】情報通信会社、PT Tower Bersama Infrastructure Tbk (TBIG)はIDR 1.51 trillionの元金を持っているTBIGの2023年第2相第6発行登録債を発行する。

その債券はIDR 20 trillionの資金を目指されるTBIGの2023年持続第6発行登録債の公募の一部である。以前、TBIGはIDR 1.5 trillionの2023年第1相第6発行登録債をも発行した。

2023年第2相第6発行登録債は年毎に6.75%の利札、370日間テナーを持っている。

TBIGは2023年第2相第6発行登録債に関して、フィッチ・レーティングス・インドネシアに「idAA+ (idn)」格付けを貰った。公募期間は2023年11月28日〜29日、行われる。債券流通は2023年12月5日に、インドネシア証券取引所(IDX)に上場される日付は2023年12月6日に行われる。

発行された趣意書において、TBIGはPT Tower Bersamaのローン元金を返済する為、その収益の約IDR 975 billionを割当てる。そして、その残り収益はPT Solu Sindo Kreasi Pratamaのローン元金を返済する為、割当てられる。 (NR/KR/ZH)