INET - PT. Sinergi Inti Andalan Prima Tbk

Rp 53

0 (-1,89%)

【ジャカルタ】銀行業会社、PT Bank Maspion Indonesia Tbk (BMAS)によって行われた株主割当発行の結果、BMASにおけるPT Alim Investindoの株式所有権は2023年11月17日(金)に13.89%となった。市場に流通しているBMASの株数の増加はAlim Investindoによる株式購入が伴わなかった為、BMASにおけるAlim Investindoの所有権は低下し、希釈された。一方、外国投資家、Kasikorn Vision Financial Company Pte LtdはBMASの30.5億株を購入した後、現在、BMASの81.10%株を所有している。

なお、PT Damai Investama Suksesは建設・採鉱用車両レンタル企業、PT Transkon Jaya Tbk (TRJA)の6720万株を購入した。PT Abadi Kreasi Unggul Nusantaraは情報通信サービス企業、PT Sinergi Inti Andalan Prima Tbk (INET)の1107万株を購入した。飲料企業、PT Ultrajaya Milk Industry & Trading Company Tbk (ULTJ)の取締役社長、Sabana Prawirawidjaja氏はULTJの157万株を購入した。

シンガポール投資家、CGS-CIMB Securities (Singapore) Pte Ltd.は同時に、採鉱サービス企業、PT Wilton Makmur Indonesia Tbk (SQMI)の1000万株を購入したが、ホテル不動産開発企業、PT Indonesian Paradise Property Tbk (INPP)の472万株を売却した。

そして、PT Teladan Resourcesは椰子農園・製造企業、PT Teladan Prima Agro Tbk (TLDN)の4億5362万株を売却した。GOTO Peopleverse Fundは再び、デジタル企業、PT GoTo Gojek Tokopedia Tbk (GOTO)の株式を売却した。最後に、PT Monjess Investamaは情報通信製品の卸業者、PT Mitra Komunikasi Nusantara Tbk (MKNT)の1500万株を売却した。 (NR/KD)

IDNFinancialsを通じて、マーケットヒントに関する最新情報をご覧下さい!