MTDL - PT. Metrodata Electronics Tbk

Rp 590

+5 (+1,00%)

【ジャカルタ】PT Metrodata Electronics Tbk (MTDL)は2027年に35%伸びるソリューション・コンサルティングセグメントの収益を目指す。現在、25%のこのセグメントの収益はMTDLの純利益の50%を貢献した。

MTDLの取締役社長、Susanto Djaja氏がソリューション・コンサルティングセグメントは株主により高い価値と収益を与えると語った。「我々は2027年まで25%〜35%伸びるソリューション・コンサルティングセグメントの収益を目指します。」とSusanto氏は先週、ジャカルタでIDNFinancialsに述べた。

以前、その、MTDLの本業であるソリューション・コンサルティングセグメントは夫れ夫れ全収益に75%〜25%を貢献した。「2023年第3四半期に、変化が発生し、ソリューション・コンサルティングセグメントは28%を貢献しました。我々はこのセグメントは増え続けると分かります。」とSusanto氏は述べた。

Susanto氏によると、MTDLは金融・石油ガス・情報通信・デジタルネイティブセクターへの市場浸透を強化し、コンサルティングのワンストップソリューションを提供する事業ポートフォリオを展開し、情報技術装置の効率を強化するクラウドコンピューティングシステムを取り入れ、Metrodataの人的資本の技量を向上する事を含め、ソリューション・コンサルティングセグメントの成長を達成する三つ戦略を持っているそうである。

「どうしても、ITソリューション・コンサルティングに従事されるMetrodataはより高い技術を手に入れなければならなく、流行に乗り、デジタルソリューションの8柱を顧客に齎らします。」とSusanto氏は付け加えた。

2023年第3四半期に、MTDLはIDR 10.99 trillionのハードウェア販売の収益を、IDR 3.01 trillionのソフトウェア販売の収益を、IDR 1.06 trillionのサービス・メンテナンスの収益を、IDR 44.32 billionのその他の収益を記録した。そして、当期利益はIDR 578.84 billionを、親会社に帰属する純利益はIDR 401.80 billionを記録された。 (NR/LK/ZH)