TAPG - PT. Triputra Agro Persada Tbk

Rp 540

-10 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Triputra Agro Persada Tbk (TAPG)の3子会社はIDR 88.41 billionの中間配当を流通した。

TAPGの会社秘書役、Joni Tjeng氏が当社に中間配当を流通した3子会社があると語った。その3子会社はPT Sukses Karya Mandiri (SKM)、PT First Lamandau Timber International (FLTI)、PT Natura Pasific Nusantara (NPN)である。

その中間配当は2023年11月27日にSKM、FLTI、NPNの株主により決定された通りであった。「それは中間配当流通があると決定されました。」とJoni氏は公式開示を通じて、述べた。

SKMが流通された中間配当はIDR 16.01 billionに、FTIが流通された中間配当はIDR 30.6 billionに、NPNが流通された中間配当はIDR 41.8 billionに及んだ。

「それは当社の子会社の中間配当流通に物的な影響を与えません。」とJoni氏は付け加えた。

IDNFinancialsのデータによると、2023年9月30日現在、TAPGはIDR 6.04 trillionの収益を記録した。一方、純利益はIDR 1.1 trillionを記録された。 (NR/KR/ZH)