TEBE - PT. Dana Brata Luhur Tbk

Rp 765

-5 (-0,65%)

【ジャカルタ】石炭セクターに従事される持ち株会社、PT Dana Brata Luhur Tbk (TEBE)はIDR 32.13 billion又は一株当たりIDR 25の中間配当を流通する計画を発表した。

TEBEの会社秘書役、Ayu Yusman氏がその計画は数日前、取締役会の決定通りだったと語った。「それは2023年11月29日にコミサリス役会により承認されました。」とAyu氏はインドネシア証券取引所(IDX)の情報開示を通じて、述べた。

中間配当は2023年12月13日に正式に記録された株主に流通される。なお、中間配当支払いは2023年12月22日に予定される。

中間配当流通に基付く財務データは2023年9月30日現在、IDR 171.81 billionを記録された純利益である。そして、TEBEはIDR 656.09 billionの無制限の利益剰余金を記録した。

idnfinancials.comのデータによると、現在、TEBEの39.31%株はPT Prima Mineral Utamaが支配される。大衆投資家はTEBEの32.70%株を、South Bay Capital Pte. Ltd.はTEBEの8.89%株を、Hoch Ventures Pte. Ltd.はTEBEの8.31%株を、PT Robust Buana TunggalはTEBEの7.32%株を、何人かのTEBEの取締役・コミサリス役はTEBEの少数所有権を所有している。 (NR/KR/LM)