NCKL - PT. Trimegah Bangun Persada Tbk

Rp 920

+45 (+5,14%)

【ジャカルタ】PT Trimegah Bangun Persada Tbk (NCKL)の業績は2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期に急上昇した。収益は135.13%、利益は60.37%伸びた。

2023年12月4日(月)に引用された2023年第3四半期の財務報告書において、NCKLの取締役社長、Roy Arman Arfandy氏が顧客との契約の収益はIDR 17.29 trillionを記録され、IDR 7.35 trillionの2022年第3四半期に比べ、急上昇したと語った。収益の主要な貢献者はIDR 14.86 trillionを貢献したニッケル加工であった。そして、ニッケル採鉱はIDR 2.43 trillionを貢献した。2022年第3四半期に、ニッケル加工はIDR 5.50 trillionを、ニッケル採鉱はIDR 1.86 trillionを貢献した。

Tempo-IDNFinancialsによる2023年の多様なニッケル鉱物のザベストCEOとして指名されたRoy Arman Arfandy氏は粗利益をIDR 6.13 trillionに、営業利益をIDR 5.42 trillionに増加させた。2023年第3四半期に、粗利益はIDR 3.75 trillionを、営業利益はIDR 3.40 trillionを記録された。

なお、当期利益はIDR 3.53 trillionの2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期にIDR 5.66 trillionに増加した。親会社に帰属する当期利益はIDR 4.46 trillionを、非支配的利権はIDR 1.20 trillionを記録された。

情報上、Tempo-IDNFinancialsはインドネシア証券取引所(IDX)の鉱物セクターにおいてNCKLを一流企業にさせた結果、多様な鉱物のザベストCEOとしてRoy Arman Arfandy氏を指名した。 (NR/LK/LM)