PALM - PT Provident Investasi Bersama Tbk

Rp 462

-2 (-0,46%)

【ジャカルタ】以前、Provident Agroとして知られた農業会社、PT Provident Investasi Bersama Tbk (PALM)は新株引受権付き増資又は株主割当発行を行う。

その企業行動を通じて、PALMは212.8億株を発行する。発行されるその株数は企業行動後、PALMの全発行・払込資本の74.93%に等しい。

その新株は一株当たりIDR 15の額面を持っている。一方、売出価格は未だ、決定されていない。

インドネシア証券取引所(IDX)の情報開示において、PALMの経営陣は株主割当発行計画に関して株主の承認を求める必要がある。臨時株主総会は2024年1月10日に開催される予定である。

一般的に、PALMは株式や他の資本の取得の形で投資ポートフォリオを拡大する為、株主割当発行の全収益を使途する。その投資は天然資源のみに限らない。PALMは技術、メディア、電気通信、物流を含め、他のセクターに投資すう機会をも開く。

なお、PALMはローンを返済し、子会社の運転資本を向上する為、株主割当発行の収益の一部を割当てる予定である。 (NR/KR/ZH)