INTP - PT. Indocement Tunggal Prakarsa Tbk

Rp 8.625

-100 (-0,86%)

【ジャカルタ】PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbk (INTP)の最高経営責任者、Christian Kartawijaya氏は2023年12月1日(金)にバリ島、ヌサドゥア、ソフィテルホテルでTempo.coとIDNFinancialsにより行われた連携イベントで建築材・ESGのザベストCEO賞を授賞された。

その賞はChristian氏はINTPの環境・社会的・ガバナンス(ESG)の実行に対する堅固な言質を持つ為、授賞された。環境・社会的・ガバナンス(ESG)の実行の一つは石炭系燃料を炭素排出量を削減する廃棄物や籾殻やヤシ殻からの堆肥など代替エネルギーに転換する事を含める。代替エネルギー利用は化石燃料を20%減らし、30%〜40%に及ぶより手頃コストが掛かった。INTPは靴底を利用する代替エネルギーをも使用し、不良おむつを利用する為、PT Unilever Indonesia Tbk (UNVR)と提携すると報告された。

環境・社会的・ガバナンス(ESG)を実行するINTPの言質は製品とサービスの多様化と区別化である三つ大きな戦略の一つである。残り二つ戦略はコストを削減するよう、ユーザーとの距離を縮めるフットプリントの強化、デジタル化・自動化を含める。

Christian氏が多様化は肝心であるが、単なる多様化ではなく、それは環境・社会的・ガバナンス(ESG)問題に関係しなければならないとIDNFinancialsとの特別インタビューを通じて、語った。「よって、我々は『srek』セメント混合物又はデュラチェム(耐久性セメント)と呼ばれるものを導入します。」とChristian氏は付け加えた。この「srek」セメント混合物は環境・社会的・ガバナンス(ESG)実行通り、二酸化炭素を50%〜60%節約できる。Christian氏によると、この「srek」セメント混合物の構成は海洋耐摩耗性だそうである。INTPはパティンバン港の建設の為、そのセメント種類をも使用した。

なお、多様化に関して、INTPは2021年に水硬性セメントをも導入した。同じ力量を持つこのセメントは二酸化炭素を12%節約する。Christian氏が将来的にINTPは環境・社会的・ガバナンス(ESG)実行をさらに向上すると語った。「環境・社会的・ガバナンス(ESG)実行過程は大変長い時間が掛かります。しかし、それは私達の将来を築く材料を提供する当社のビジョンの為、主要注力となります。」とChristian氏は説明した。

環境・社会的・ガバナンス(ESG)実行面だけではなく、財務業績に関して、INTPは収益性の高い建築材料メーカーともなる。殆どの他社に影響を受けたパンデミック余波にも拘らず、過去5年間以内に比較的に安定な業績を見せた。2019年に、INTPの収益はIDR 15.4 trillionを、純利益はIDR 1.84 trillionを記録された、悪化したパンデミック状態のとき、2020年に、収益はIDR 14.18 trillionを、純利益はIDR 1.8 trillionを僅かに低く記録された。なお、2022年に、収益はIDR 16.33 trillionを記録され、パンデミック前の収益に比べ、増加し、純利益はIDR 1.8 trillionを記録された。2023年第3四半期の財務報告書において、収益はIDR 12.93 trillionを、純利益はIDR 1.27 trillionを記録された。

2023年トップCEOインドネシアは財政と社会的様相において会社を成功に導入させた実績に対する鑑賞として上場株式会社の最高経営責任者向けの名誉ある賞である。

その鑑賞は財務報告書や会社持続可能性報告や指名された最高経営責任者との直接と仮想の会見を含め、データ収集や研究の数の段階を通じて、授賞される。

その賞はPT Garuda Indonesia Tbkの最高経営責任者、Irfan Setiaputra氏、PT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbkの最高経営責任者、David Hidayat氏、PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbkの最高経営責任者、Christian Kartawijaya氏、PT Aneka Tambang Tbkの最高経営責任者、Nicolas D. Kanter氏と言う4名の有名な会社の最高経営責任者を主演した「2045年インドネシアエマスへ向かう」と言うテーマを持つトークショーをも呈した。(NR/AM/ZH)