ICBP - PT. Indofood CBP Sukses Makmur Tbk

Rp 11.575

-25 (-0,22%)

【ジャカルタ】PT Indofood Sukses Makmur Tbk (INDF)の最高経営責任者、Anthony Salim氏は2023年12月1日(金)にバリ島、ヌサドゥア、ソフィテルホテルでTempo.coとIDNFinancials.comにより行われた連携イベントで加工食品のザベストCEO賞を受賞した。

Anthony氏はPT Indofood Sukses Makmur Tbk (INDF)を食品セクターの競走上の強みを持つインドネシア会社にさせた為、その賞を受賞した。INDFはインスタントラーメン生産会社から完全食品ソリューション会社に進化した。

行われた生産統合は加工食品産業において競争相手にINDFと肩を並べにくくさせる。INDFは数年も公共に良く知られるブランドを持つ市場主謀者となるよう、製品統合は上流(アグリビジネス)から下流(配布システム)まで始まる。

運営上活動を行う事において、INDFは経済的規模の利点を、ブランド消費者製品(CBP)、ボガサリ、アグリビジネス、配布と言う四つ相補戦略的ビジネスグループを含み、ビジネスモデルの回復力の利点を得る。

その競走上の強みはINDFを成長させ続けた。2019年に、INDFはIDR 76.59 trillionの収益を、IDR 4.9 trillionの純利益を記録した。パンデミックの間に、2020年に、収益をIDR 81.73 trillionに、純利益をIDR 6.46 trillionに成功に増加させた。2021年に、収益はIDR 99.35 trillionに、純利益はIDR 7.64 trillionに増加し続けた。2022年に、収益はIDR 100 trillionを突破し、IDR 110.83 trillionに、純利益はIDR 6.36 trillionに及んだ。純利益は増えた売上原価の為、僅かに減少した。2023年第3四半期に、収益はIDR 83.89 trillionを、純利益はIDR 7.08 trillionを記録された。

それに、その賞は環境政策に反映されるように、環境を守るINDFの言質の為、受賞された。持続可能性に関するINDFの言質は改革と優れた経営陣を通じて、持続可能成長を達成する努力である。よって、INDFは社会的、環境、経済的様相を含め、三つボトムラインを戦略と事業意思決定に一貫して統合する。

競走上の強み、財務業績、持続可能性を実行するコンセプトはAnthony Salim氏に財政と社会的様相において会社を成功に導入させた実績に対して名誉ある賞を受賞させた。

その鑑賞は財務報告書や会社持続可能性報告や指名された最高経営責任者との直接と仮想の会見を含め、データ収集や研究の数の段階を通じて、授賞される。

その賞はPT Garuda Indonesia Tbkの最高経営責任者、Irfan Setiaputra氏、PT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbkの最高経営責任者、David Hidayat氏、PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbkの最高経営責任者、Christian Kartawijaya氏、PT Aneka Tambang Tbkの最高経営責任者、Nicolas D. Kanter氏と言う4名の有名な会社の最高経営責任者を演説者として主演した「2045年インドネシアエマスへ向かう」と言うテーマを持つトークショーをも呈した。(NR/AM/ZH)