TKIM - PT. Pabrik Kertas Tjiwi Kimia Tbk

Rp 7.575

-75 (-0,98%)

【ジャカルタ】PT Pabrik Kertas Tjiwi Kimia Tbk (TKIM)の取締役社長、Suhendra Wiradinata氏は2023年12月1日(金)にバリ島、ヌサドゥア、ソフィテルホテルでTempo.coとIDNFinancials.comに再生可能エネルギーを持つ林業・紙のザベストCEOとして賞を受賞した。

Suhendra氏は環境・社会的・ガバナンス(ESG)実行に対する高い言質の為、その賞を受賞した。したがって、TKIMの運営に関しては11.4ヘクタール面積における9.8 MWp容量を持つPV太陽光発電所の設置を成功に使用した。それは温室効果ガス排出量を年毎に12,400トンの二酸化炭素に削減する。

PV太陽光発電所の設置運転は持続可能性の言質であり、より環境にやさしい商慣習を促進し、インドネシア政府の脱炭素化目標の達成を支援するTKIMの言質の一部である。「ソーラーパネル技術の取り入れは脱炭素化過程を行うことによって、より良い未来を創るのに貢献する奉納の具体的な顕現です。」とSuhendra氏はこの間、述べた。

ソーラーパネル運転は会社の運営チェーンの重要な様相であり、長期事業持続可能性に大きな影響を及ぼす為、焦点にならなければならない環境・社会的・ガバナンス(ESG)慣行を実行するTKIMの言質を確認した。

会社業績に関して、TKIMは2023年第3四半期にIDR 812.635 billionの純売上を記録し、IDR 885.388 billionの2022年第3四半期に減少した。この減少は今年よりよかった昨年の紙価格が引き起こされた。それは純利益をIDR 345.18 billionの2022年第3四半期に比べ、2023年第3四半期にIDR 134.08 billionに低下させた。

数年前、TKIMの純売上はIDR 1 trillion以下に低下したパンデミックの間を除き、比較的に安定であり、常にIDR 1 trillion以上に及んだ。一方、純利益は2019年〜2022年、純利益は増え続け、2019年にそれはIDR 166.52 billionのみを記録され、2022年にそれはIDR 463.34 billionに増加した。

ソーラーパネルを使用するTKIMの成功や近年、増し続けた会社業績を創り出した最高経営責任者、Suhendra Wiradinata氏は再生可能エネルギーを持つ林業・紙のザベストCEOとして選ばれるに値する。これは財政と社会的様相において会社を成功に導かせた実績に対して名誉ある賞である。

その鑑賞は財務報告書や会社持続可能性報告や指名された最高経営責任者との直接と仮想の会見を含め、データ収集や研究の数の段階を通じて、授賞される。

その賞はPT Garuda Indonesia Tbkの最高経営責任者、Irfan Setiaputra氏、PT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbkの最高経営責任者、David Hidayat氏、PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbkの最高経営責任者、Christian Kartawijaya氏、PT Aneka Tambang Tbkの最高経営責任者、Nicolas D. Kanter氏と言う4名の有名な会社の最高経営責任者を演説者として主演した「2045年インドネシアエマスへ向かう」と言うテーマを持つトークショーをも呈した。(NR/AM/ZH)