DCII - PT. DCI Indonesia Tbk

Rp 35.200

+50 (+0%)

【ジャカルタ】PT Data Center International Indonesia Tbk (DCII)の取締役社長、Otto Toto Sugiri氏は2023年12月1日(金)にバリ島、ソフィテルヌサドゥアリビーチゾートでTempo.coとIDNFinancials.comにデータセンター・ITサービスのザベストCEOとして賞を受賞した。

Toto氏とよく呼ばれるOtto Toto Sugiri氏はフォーブスによると、2021年に選ばれたインドネシアの50名の長者番付の一名である。1980年にドイツのアーヘン工科大学を卒業して以来、40年以内に技術分野に携わってきた為、技術界でも有名である。インドネシアのデジタル経済成長の重要な役割を働いたデータセンター先駆者であった為、「インドネシアのビルゲイツ」と言う渾名を貰った。

PT DCI Indonesia Tbk (DCII)の取締役社長兼創設者、Otto Toto Sugiri氏はローカルプログラミングプロジェクト、ソフトウェア会社、Sigma Cipta Caraka Companyを設立する為、銀行業のITシステムを開発する事を含め、技術セクターの経歴を始める長い旅を持っている。Toto氏とSigma Cipta Carakaは政府から銀行業許可をより作りやすくするPakto政策出現から恩恵を受けたことがある。

2011年に、政府は国家データを強化しようとした際、Toto氏は機会があると分かった。DCI Indonesiaをも立ち上げ、2014年にグローバルデータセンター産業の最高の分類であるティアーIV認定証を完了した。最大で最善のクライアントを引き付ける為、その認定証を完了した。全ての努力によって、DCIIは現在、インドネシアの大手データセンター提供者会社である。

現在、DCIIはインドネシア、東南アジア、米国における40社以上の電気通信会社や120社以上の金融サービス提供者を持っている。2021年1月6日にインドネシア証券取引所(IDX)に上場された。一株当たりIDR 420の価格で2,383,745,900株を上場した。そして、現在、DCIIの株価は一株当たりIDR 44,050に及ぶ。時価総額はIDR 107,209 trillionに及び、903社の上場企業の中で15位に立つ。株主構成に関して、Toto氏はDCIIの29.90%株を所有している。

インドネシア証券取引所(IDX)のDCIIの株式業績は増し続けた業績の反映としてである。2021年に、DCIIの収益はIDR 871.24 billionを記録され、2022年にそれはIDR 1.04 trillionに増加し続けた。そして、それは2023年第3四半期までIDR 958.14 billionを記録され、IDR 747.09 billionのみの2022年第3四半期に比べ、増加した。収益が増加するにつれ、純利益も増した。2021年に、純利益はIDR 261.45 billionを記録され、それは2022年にIDR 367.84 billionに増加し続けた。そして、それは2023年第3四半期にIDR 370.43 billionに及んだ。

業績が増し続けるだけではなく、インドネシアの大手データセンター・コロケーションインフラ提供者会社として、PT DCI Indonesia Tbk. (DCII)が持続可能な事業活動を実行する言質をも語った。その言質は環境にやさしく持続可能なデジタルインフラ生態系を作成すると言う会社のビジョンに述べられる。したがって、DCIIはデジタル化の成長は環境と社会に大きな影響を与えると気付く為、2022年に持続可能性は主要な目的となった。

持続可能なプログラムを実行する言質の形として、DCIIは運営上効率を向上する努力において、電力使用効率に貢献し、炭素排出量を最小限に抑えるデータセンターのエネルギー使用効率を増やす為、自動化を取り入れる事を含め、幾つかの取組を行った。DCIプラットフォームH2カラワン集合データセンターのエネルギーニーズを満たす為、ソーラーパネルを設置することによって初期段階の再生可能エネルギーをも取り入れ始めた。

インドネシアデータセンターセクターの先駆者として、持続可能な成長を達成する為、行われる数の一歩によって、Otto Toto Sugiri氏はTempo.coとIDNFinancials.comにデータセンター・ITサービスのザベストCEOとしてその賞を受賞したのは驚くことではない。なぜなら、財政と社会的様相において会社を成功に導かせた実績を持つ者である。

その鑑賞は財務報告書や会社持続可能性報告や指名された最高経営責任者との直接と仮想の会見を含め、データ収集や研究の数の段階を通じて、授賞される。

その賞はPT Garuda Indonesia Tbkの最高経営責任者、Irfan Setiaputra氏、PT Industri Jamu dan Farmasi Sido Muncul Tbkの最高経営責任者、David Hidayat氏、PT Indocement Tunggal Prakarsa Tbkの最高経営責任者、Christian Kartawijaya氏、PT Aneka Tambang Tbkの最高経営責任者、Nicolas D. Kanter氏と言う4名の有名な会社の最高経営責任者を演説者として主演した「2045年インドネシアエマスへ向かう」と言うテーマを持つトークショーをも呈した。(NR/AM/ZH)