BMAS - PT. Bank Maspion Indonesia Tbk

Rp 500

-10 (-2,00%)

【ジャカルタ】PT Bank Maspion Indonesia Tbk (BMAS)は今年末までIDR 14 trillionのローン流通を記録するのを目指し、IDR 8.8 trillionのローン流通を記録された2022年に比べ、61%伸びる。

PT Bank Maspion Indonesia Tbk (BMAS)の取締役社長、Kasemsri Charoensiddhi氏がBMASの経営陣は事業成長を促進する為、コーポレートバンキング、シンジケートローン、供給チェーン金融、ローン流通を含め、事業を新たな市場に展開する事を含め、様々な活動を行ったと語った。それらのプログラムによって、BMASは今年末までIDR 14 trillionを目指されるローン流通を成功に増やした。

「当社は現地人々間の親近感を増やし、より大きなグループの一部としてBank Maspionを合わせる為、ブランディングをも築こうとうしています。」とKasemsri氏はIDNFinancialsに述べた。ご存じの通り、Kasikorn Vision Financial Company Pte. Ltd. (KVF)は2022年にBMASの30.1%株を取得した。その企業行動はIDR 3 trillionの株主割当発行に続いた結果、BMASにおけるKVFの所有権は62.53%に及ぶ。

2023年11月末に、Bank MaspionはIDR 1.7 trillionの株主割当発行を行った結果、BMASにおけるKVFの所有権は81.1%に増加したが、BMASにおけるPT Alim Investindoの所有権は13.89%に希釈された。そして、希釈されたBMASの他株主の所有権はKasikorn Bank Public(2.45%)、PT Kasikorn(1%)、大衆投資家(スクリプトレス)(1.56%)であった。

BMASの事業が展開し続けるにつれ、Kasemsri氏は2024年にIDR 20 trillionのローン流通を、2026年にIDR 30 trillionのローン流通を目指す。IDR 608 billionの純利子所得を、IDR 95 billionの純利益をも目指す。なお、総資産はIDR 22 trillionに、負債合計はIDR 15 trillionに、純資産合計はIDR 7 trillionに及ぶと推定される。 (NR/AM/ZH)