BMAS - PT. Bank Maspion Indonesia Tbk

Rp 500

-10 (-2,00%)

【ジャカルタ】現在、Kasikorn Vision Financials Company Pte/Ltd (KVF)が所有される大半の株式を持つMaspion Bankは2027年に20インドネシア最大の銀行となる新たなビジョンと特命を目指す。この目標を達成する為、高成長と持続可能な収益を達成する幾つかの戦略を立てた。

Bank Maspionの取締役社長、Kasemsri Chareonsiddhi氏が当社は20インドネシア最大の銀行となる目標を達成する為、ビジネスモデルをローカルからプロに向上する事を含め、幾つかの戦略を立てたと語った。それはリスクとビジネス間の役目を分割する為、銀行構成を立て直し、内部監査、キー管理スタッフを決め、施策や外側の手続きの銀行を決める事を通じて、達成される。

「我々はノウハウ及びBank Maspionへの知識移転を確かめる為、全ての様相のコンサルタントとしてKBankの専門家をも連れて来ます。」とKasemsri氏はこの間、IDNFinancials.comに述べた。 

Bank Maspionは事業成長と管理リスクを支援する為、スタッフ能力を、運営商品とサービスを、銀行の財政を向上する事業のあらゆる様相とリスクを含め、変換をも行った。「なお、人的資源を育成し、職業進路とトレーニングを発展します。」とKasemsri氏は述べた。

Kasemsri氏が当社は事業成長を促進する為、事業をコーポレートバンキング、シンジケートローン、サプライチェーンファイナンス、ローン流通に展開すると語り続けた。

20インドネシア最大の銀行となるビジョンを達成する為、Bank Maspionが行なわれる最終段階は公共の親近感を強化するブランドを築き、より大きなグループの一部としてBank Maspionを適合する事である。

Bank MaspionはIDR 1.7 triliunの株主割当発行を行った後、2023年11月末にKVFはBank Maspionの所有権を81.1%に増やした。その所有権変更によって、現在、PT Alim InvestindoはBank Maspionの残り13.89%を所有している。 (NR/AM)