PPRO - PT. PP Properti Tbk

Rp 8

-1 (-11,00%)

【ジャカルタ】2023年第3四半期末まで、IDR 118.85 billionの損失を記録したにも拘らず、PT PP Properti Tbk (PPRO)は2024年に30%〜50%伸びる売上高を目指すことによって2024年の業績について楽観的である。

PPROの金融担当重役、Deni Budiman氏によると、2023年12月28日(木)に仮想的に開催されたPPROの2023年次公開暴露の間に、当社は2023年末にIDR 441 billionの売上高を目指すそうである。

詰まり、PPROは2024年末に最低IDR 573 billion又は最大IDR 661.5 billionの売上高を目指す。

「2024年第1四半期〜4四半期、我々が完了されることができる幾つかの他のプロジェクトの手渡しによって、我々は売上高は2023年に比べ、30%か40%、さらに50%伸びる可能性があると楽観的です。」とPPROの取締役社長、Daniel Rinsani氏は述べた。

実に、PPROはアパートや土地住宅や学生向けの住宅を含め、来年、四つ住宅や商業プロジェクトを引き渡す予定である。

それらのプロジェクトは2023年12月に引き渡され、2024年第1四半期に完了されるルービン・アパートメント、ジャティナンゴール、ペルマータ・プリ・チブブール、2024年第2四半期に完了されるスラバヤのウェスタウン・ビュー、2024年第3四半期に完了されるボゴールのグヌン・プトゥリ・スクエア、2024年第4四半期に完了されるマランのベガワン・アパートメントを含む。

PPROが所有されるプロジェクトの引き渡しだけではなく、PPROは子会社の所有権を減らす事にも注力する。例えば、2023年9月まで子会社、PT PP Properti Jababeka Residenの52.6%株を支配していた。

そして、2024年第2四半期・第4四半期にPPROが所有される4土地を売却する予定がある。「売却収益目標はIDR 356 billionに及び、収益に流通される全額はIDR 40.39 billionに及ぶと予想されます。」とPPROのビジネス開発・HCM担当重役、Dyah Rahadyannie氏は述べた。

「その収益はPPROの債務支払いや来年、引き渡される現在開発中の他の案件の為、使途されます。」とDyah氏は述べ続けた。

2024年に、PPROは売上高を向上し、子会社の土地銀行や株式の売却を通じて、再利益性を取り戻すのをも目指す。「我々は2024年末にIDR 23.15 billionの営業利益を目指します。」とDyah氏は述べた。 (NR/ZH)